2020/12/28   2020年仕事納め

2020年12月28日、仕事納め。

一寸先が闇なのか光が差すのか、予想のできないような一年でした。

「禍福はあざなえる縄のごとし」
「沈む瀬あれば浮かぶ瀬もあり」
「人間万事塞翁が馬」

光あるところには影が生まれる。
明けない夜はない。

そうはわかっていても、
さまざまな世の中の動きに翻弄されてしまいました。

この一年のさまざまな出来事を振り返って反省はするけど、
けっして後悔はしない。
昨日に生きていたら、今日に生きられないから。
今日生きていなけりゃ明日もない。とはいいつつも、
明日のことばかり考えて、今日をおろそかにしないようにしよう。

間違いなく信じられるのは、今、自分自身がここに生きているってこと。
自分で今日できることを、少しずつでも着実に行っていければ、
きっと何かがつながって、見えてくるものもあるように思う。

そんなこんなを思う年の瀬でした。

ではみなさま、よいお年を!




コメントする