2015/08/31   「勝機」のつかみ方

マラソンのテレビ中継が好きで、いつも最後まで見てしまう。
これは母譲り。
昨日の世界陸上の女子マラソンも、日本選手が全員ゴールするまで見てしまった。
当然最後まで見ていた母が、途中でつぶやいていた。
「ここで出なきゃ勝てないのに......。飛び出す勇気をもたなきゃメダルには手が届かない」
ゴールのあとで、高橋尚子さんが解説で同じことを言っていた。

選手は、自信がなかったのか、不安だったのか、体力的に準備不足だったのか、
テレビの前で観ている者には分かるはずもない。結果論で、好きなことを言う。

日本選手がトップグループの先頭に立っていたときに思った。
「勝機」の見つけ方は難しいと。
勝機が何度かあったとしても、ピッタリタイミングを合わせないと、勝利は手にできない。
結局、誰もつかめなかった。

「勝機」は見えないし、触れないし、近くにあると感じても手に届かなかったり、
届いたと思ったらするりとすり抜けたり、と思ったらスッポリ手に入ってきたり......する。
「勝機」と「運」は、同じようなものだ。


人生に勝ち負けがあるのか知らない。
だから人生に、"人生の勝機"があるのかは分からない。
でも人生の中で、小さな勝利、小さな成功はある(もちろん、敗北も失敗もある)。
人は、小さな勝利を目指して、その勝機をつかもうとする。
何度もチャンスがあり、何度も成功したり失敗したりしているのに、その成功の法則を覚えていない。
つかみ損ねたときのことはよく覚えているのに、勝利を挙げたときに、いつどうやって勝機をつかんだのかを覚えていないからだ。

何かを変えるために行動を起こそうと思ったら、こんなひと言で立ち止まらされた。
「まずは、時期を待つことです。時期が来れば、開けます」
勝機をつかもうと、目をギラギラさせていると、つかみ損ねないという教訓だと言い聞かせる。
待つことも、時には必要だと。



そういえば、ウチの太極拳では、やる気がリキミに繋がることを戒める。
いつも、ゆるんだ状態(体と心がリラックスし、いい意味で力の抜けた状態)でいることが大切だということ。
確かに、その状態なら、いろいろなことにすばやく対応できる。
待つときは、リラックスした状態で!
勝機のつかみ方、その壱として覚えておこうっと!!


コメントする