2015/08/24   百聞は一見にしかず......だが

「百聞は一見にしかず」
には続きがある。

百聞は一見にしかず
百見は一考にしかず
百考は一行にしかず

その意味は、
百聞くよりも、ひとつ見るほうがよい。
そして、百見るよりも、ひとつ考えるほうがよい。
そしてそして、百考えるよりは、ひとつ行動するほうがよい。

――つまり、聞いて見ているだけでは不十分。きちんと考えなければいけない。そして、いくら深く考えても行動しなければ、現実に影響を与えることができない。

ではないのだそうだ。


行動する前に考えろ。
頭の中だけでつくり上げた虚構ではなく、
現場をよく見て、他人の意見をよく聞いた上で考えをまとめろ!

という意味なのだという。


いろいろな意見があるだろうが、どちらも"よし"としたい。





コメントする