2013/09/28   昨日の夜の事務所での会話

19時を過ぎたあたりだったろうか、スタッフのモモが、先輩スタッフにいきなり質問をした。
「宇宙ってどうなっていると思います?」

前日、仕事帰りに近所の「いせや」(http://www.iseya-kichijoji.jp/で焼き鳥を食べながら、宇宙ってどうなっているのかとか、UFOを見たことあるかとか、エネルギーがどうのこうのとか、話をしていた(そんな話題ばかりだったので、周りの人たちはヘンな人たちと思ったかもしれない)。
その延長で、いせやにいなかった先輩への質問だったようだ。

モモの宇宙観は、太陽や地球が収まっている四角い水槽があって、それを上から見ている存在があり、さらにその下に公務員的な働きをする人がいて、その存在がモモの人生などを決めているのだという。

オレは、宇宙は爆発的にまだ広がっているから果てはないと思うというと、モモは宇宙の果てまで行こうと思って手を伸ばしたら、コツンとぶつかったようだ。だから、四角い水槽なんだという。
そうか、ルフィのようにグングンと腕が伸びるんだ。うらやましい。

それから、時間の話になった。
時間は、今から未来に向かって流れるものなのか?

反対に、未来から現在へ、そして過去に向かって進んでいるのではないかという意見。
今といっしょに未来も過去も同等に存在しているのかもしれないという意見。
結論なんて出るもんじゃないが、そんな会話をしていた。シラフで。
そして、モモがひと言。
「こんな話ができるカレシがいいな」
モモは現在フリーのよう。
モモとこんな話をしてみたい人、連絡ください!




最近、「刹那(せつな)」が時間を表す言葉であることを知った。
仏教において、時間の概念の中の最小単位が刹那である。

120刹那=1怛刹那(たせつな)
60怛刹那=1臘縛(ろうばく)
30臘縛=1牟呼栗多(むこりった)
30牟呼栗多=1昼夜
つまり、24時間=30牟呼栗多=900(30×30)臘縛=54,000(900×60)怛刹那=6,480,000(54,000×120)刹那 ということになり、1刹那=1/75秒 となる。

この1刹那の中に、「生」と「滅」があるというのが仏教の教えだ。
わずか1/75秒の間に、発生と消滅が繰り返されているという。

   1/75秒って、0.0133秒だ。
   水泳でタッチの差で、とよくいうが、
   100m平泳ぎの北島康介の自己ベストが58秒90で計算すると、
   1刹那で約17mm。指の関節一本分くらいか。
――横道にそれた。


1刹那に生滅が起こり、その一瞬の生滅の存在が因となり、次の一瞬の生滅を生じさせる。
次に生まれたものは、前の存在とまったく同じあることはない。
1刹那に行われる生滅は「刹那無常」という。刹那無常が繰り返され、やがて、人が死んだり、植物が枯れたりする生滅は「相続無常」だ。

人は1刹那ごとに変化している。
一瞬前の自分は今の自分と異なっているし、一瞬先の自分は今の自分とは異なっている。
精神も変化している。常に同じ状態であり続けることはない。
肉体は、7年もすれば細胞すべてが入れ替わる。

すべての現象は、常に生滅変化を続け、瞬時といえどもとどまるところはないのだ。
そう、諸行無常。

はずかしい話をひとつ。
以前、「無常」を「無情」と混同していて、「諸行無常」を「諸行無情」だと思い込んでいた。
世の中のあらゆることは、情けのないことばかり・・・・・。
世間を斜めから見ていたころのこと。うう、穴があったら入りたい。


永久不滅のものはない。
同じところにとどまり続けるものはなく、万物はすべて変化を続ける。

変化を続けることをまったく厭わない。むしろ、どんどん変化をし続けたいほど。
やっと「諸行無常」の意味が少しは分かってきた(遅い? いいのいいの!)







「社長~!ボクにとって「刹那」はとても大切なものなんです!!」
「ほ~っ。キミも「刹那」の意味を知っていたのか?」
「はい。 ♪ きっと僕らは輝きたくて、生きる意味を探してた~♪」
「・・・・・」
「悲しいときは枯れるまで泣き うれしいときは腹かかえて笑い♪」
「だっからよ~!  それは、Greeeenの「刹那」でしょ!」


参考:『仏教から生まれた意外な日本語』千葉公慈著


2013/09/02   8月の読書

8月に読んだのは......相も変わらず、ジャンルはバラバラ。 内山が編集に関わった『「不思議な世界の力」を借りて、幸せになる』は、読みやすかったですよ。 スピリチュアル系の初心者におすすめ。もちろん、中級・上級者にも! 以下、 2013年8月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:2968ページ
ナイス数:28ナイス

政と源政と源感想
じーさん二人を主人公にするとは......。人を書かせたら本当にうまいなあ。ほのぼのした気持ちになれるから、人付き合いに疲れたときに読むといいかも
読了日:8月28日 著者:三浦しをん
撲撲少年 (単行本)撲撲少年 (単行本)感想
「僕僕先生」の著者の本だけど、「僕」じゃなくて「撲」なんだよね。"ボコボコにする"の格闘技がテーマ。しかし、格闘技を題材にした本ってあまりなかったかも。それだけ表現が超マニアック! 格闘技好きじゃないと、練習や試合のシーンなどわかりづらいかも。しかし、「僕僕先生」もそうだけど、なんで登場する女性がこういったタイプなんだろう......
読了日:8月25日 著者:仁木英之
半藤一利と宮崎駿の 腰ぬけ愛国談義 (文春ジブリ文庫)半藤一利と宮崎駿の 腰ぬけ愛国談義 (文春ジブリ文庫)感想
「腰抜け」というタイトルながら、しっかりと腰の据わった二人の対談。おもしろい! 『風立ちぬ』をもう一度観たいと思ってしまった。だって、細かなネタがたくさんだから。70歳、80歳は元気だなあ!!
読了日:8月22日 著者:半藤一利,宮崎駿
日本の本当の黒幕 上巻 龍馬暗殺と明治維新の闇日本の本当の黒幕 上巻 龍馬暗殺と明治維新の闇感想
直前に読んだ、高山正之著『マッカーサーは~』もすごいと思ったけど、歴史をこのように紐解くとは......。歴史とは勝者がつくるものとはよくいわれるが、真実の歴史ってどこを探せば見つかるものなんだろう。明治維新とはなんだったのか、坂本竜馬の暗殺の真実とは......。いやはや驚くことばかり。どこまで信じるかは、自分次第なんだろう。さて、下巻に行こう!
読了日:8月21日 著者:鬼塚英昭
変見自在 マッカーサーは慰安婦がお好き変見自在 マッカーサーは慰安婦がお好き感想
高山正之氏の著書はお初。こんな過激なことを書いている人がいたとは......。歴史って何よ? 報道って何が正しい? と考えさせられる。ここまで堂々と書いてしまうとは、よほどのカクゴのある人なんだろうなあ。昔の著書を読もうか迷い中
読了日:8月16日 著者:高山正之
三つの鏡―ミヒャエル・エンデとの対話三つの鏡―ミヒャエル・エンデとの対話感想
『モモ』『はてしない物語』の作者と日本の知識人三人との対談集。作者の父で画家のエトガー・エンデとの親子展の開催を記念してつくられたもののよう。日本画家で絵本作家の安野光雅、放送作家の井上ひさし、ユング心理学の河合隼雄の三氏。河合隼雄氏との対談がいちばん面白かったかなあ
読了日:8月14日 著者:ミヒャエルエンデ,安野光雅,井上ひさし,河合隼雄,子安美知子
開運の作法:風水・占いよりすごい!開運の作法:風水・占いよりすごい!感想
風水でない、占いでない、知っている人は知っているE使い清水先生の、40の開運法。これはやってみたくなる!
読了日:8月13日 著者:清水祐尭
「不思議な世界の力」を借りて、幸せになる「不思議な世界の力」を借りて、幸せになる感想
不思議な能力をもつ著者の不思議な話がいっぱい。おぉ~なるほどと思うことと、なんのこと? と思うことも。そういうことね! と気づきもあるかも
読了日:8月12日 著者:松原照子
101歳の金言101歳の金言感想
101歳にして現役! 100歳からFacebookをはじめたりと、人は自分で限界を作らない限り大きな大きな可能性があるのだという、実証のような存在。だって、まだまだ半分ほどの歳なんだから
読了日:8月11日 著者:日野原重明
神の起源(下) (ソフトバンク文庫)神の起源(下) (ソフトバンク文庫)感想
壮大なテーマに突っ込みきれなかった......。しかし、帯にある「超大作スリラー!」って......。「スリラー」だったのか!! 文字デカいので上下巻でもすぐに読めます
読了日:8月9日 著者:J・T・ブラナン,J.T.Brannan
神の起源(上) (ソフトバンク文庫)神の起源(上) (ソフトバンク文庫)感想
壮大なテーマになるかと思いきや、上巻はひたすら逃げまくる......
読了日:8月7日 著者:J・T・ブラナン,J.T.Brannan
魂のヴィジョン魂のヴィジョン感想
"見える"血筋に生まれ、能力をもつ女性の話。そういった能力は否定しないが......何を伝えたかったのだろう
読了日:8月5日 著者:真印
日本人の心を解く――夢・神話・物語の深層へ (岩波現代全書)日本人の心を解く――夢・神話・物語の深層へ (岩波現代全書)感想
ユング研究所が主催したエラノス会議での4回の講義をまとめた内容。エラノス会議とは、心理学、宗教学、神話学、民俗学などの東西の研究者が集まり、スイスで開催されていた国際会議だが、学者さんの会議内容だからか、一般のわれわれにはちょっと距離がある......。さすが、岩波現代新書! といった感じか
読了日:8月4日 著者:河合隼雄

読書メーター