2013/05/21   「念ずれば叶う」について

PC上の中身を整理をしていると、突然むかしのメモが出てきたりする。
思いついて書いたものや、気になった言葉を書きとめたものなど、いろいろなホルダーの中から、ひょっこりと目の前に登場するといった感じだ。
整理していないといえば、その通り!
でも、抜群のタイミングで、再会する。

その中のひとつ。


「念ずれば成る」・・・・・を安易にとらえると、つならないことになる。
あらかじめ、自分で思い描ける状況というのは、たかだかしれているつまらないもの。
本当にクリエイティブな発展というのは、想像を超えてやってくる。

ただ、「念ずれば現ずる」というのは、まさにその通りで、
場合によっては、うっかり思ってしまうと、うっかり叶ってしまうということもある。

でも、今のレベルの自分が願っていることを成功として喜べるということは、
同時にそれ以上が見えなくなる世界でもある。
「小成が大成をさまたげる」こともある。
プラス思考を推薦する人は、よく考える必要がある。

野口春哉という整体協会の創始者の言葉だったかと思う。


では、どうするのかというと、
「願いごとは、願っておいて忘れること」が大事なのだそうだ。


大きな流れの中に自分がいて、その流れに身を任せるか、頑なに身を固めて流れに逆らうのか。
自分次第なのだけれど、なんだかその時々の状況や気持ちに左右されて、正しい判断ができなくなってしまうというのはよくあることだと思う。

周りには、とても幸せで裕福な流れがきているのに、気づかず、抵抗して、流れを逃してしまう。
そんなことがないように、念じて、そして忘れておこう。





「社長! ボクが昨日、強く念じたことって、なんでしたっけ?」
・・・・・だっからよ~。ずっと忘れておくのも幸せかもね、君の場合」









2013/05/11   遺伝子の働きだって変えることができる!

ある、被災地への取材の中で、被災者にはふた通りの人がいると聞いた。
会った途端に最初から文句をダダーッと言い立てる人と、
今はこんな状況で、こういったことが課題なのだけどどうしたらいいと相談してくる人だという。

以前の自分を振り返ると、間違いなく「文句を言い立てる人」だった。
若いころは、自分に、社会に、大人に――すべてのことに苛立ちを感じ、憤りを感じ、
どうにもならないもどかしさに苛まれ、口から出る言葉は、周りに対する批判ばかりだった。
反抗心を内に秘めるあの時期をどう乗り切るかによって、その先の大人としてのあり方が変わってくる。
自分は、乗り越えられなかったタイプだった。

社会人になっても、まず示す態度は"批判"だった。
会議では、反対意見をいうことが自分の存在意義だと思っていた。
人と違うことをやることが、自分らしさだと思っていた。
随分と、イヤなヤツだったはずだ。

そういう性格や態度というのは、生まれ育った環境にもよる。
自分の性格や判断だけで、好き勝手にねじ曲がるわけがない。
(今ここでは、そのことを振り返りはしないけど、あの頃の自分には、
 大丈夫、君にはそんなに責任はないんだよと、言ってあげたい......)


やっとこの歳になって、自分のことを冷静に見つめることができるようになり、
気付くことも増えてきた。
まだまだ、いい大人になれると思っているし、
もっともっと、いい男になれるはずだとも思っている。
それは、こんな文章に出会ったことがあるからかもしれない。

「遺伝子の働きは、上書きすることができる」
「人間の性格は、その気になればいくらでも変えることができる」


遺伝子のことが随分とわかってきて、二重らせん構造やら遺伝子自体が解明されたりと、そこに自分のすべての情報が書き込まれていて、それに支配されているような気になったりしていた。
遺伝子操作の食物は......どうのこうのとか、遺伝子を調べれば、かかる病気がわかるとか......、生まれてくる子のことも予測がつくとか......
進化といえば進化だ。
やっとわかり始めたことを必要以上に騒いでいるといった感じが多少はあった。

しかし、不変に受け継がれていくものといったイメージのあった遺伝子の、その内容を書き換えられるのだよ!
遺伝子は、細胞が生まれかわるごとに受け継がれていくわけだが、細胞分裂する際に、前の細胞と同じではなく、前の細胞の情報を読みつつ、少しだけ違った細胞に生まれかわる。
ではどう少しだけ変化させるかというと、同じことを何度も繰り返し経験を積み上げていくことで、その経験が書き込まれるのだという。
そして、上書きされた結果、遺伝子の働きが変わる。


人間の身体の細胞が生まれかわり続けているのと同様、脳も絶え間なく変化し続けている。それを考えると、「性格」とか「習慣」といったものも、変わらずに受け継がれるものと考える方が不自然だということができる。

脳の情報だって書き換えられることは、よく知られている。
日常の運動により身体は変わることは、誰もが知っている。

そして特に、上書きに都合がいいのが、「いい記憶」なんだそうだ。


批判的な、文句ばっかり言っていたころの自分を想像すると、「いい記憶」ってあまりなかったかもしれない......。
人間がもっとも幸せになれる方法というのは、「強いポジティビティ」だということは、科学的にはすでにわかっていることだ。
ネガティブな発想や行動からは、"幸せ"は導き出されないのだ。


成功者の多くは、
自分の仕事を、より大きな背景の中で眺め、
その仕事に対して積極的に意義と喜びを持ち込む。
自分の得意としていることに対しては、より高次元の目的をもって情熱を傾ける。

ネガティブになっている場合じゃないなあ......。





「社長! お久しぶりです!!」
「おっ、ブログスタート当初、よく登場していた......誰だっけ?」
「そんなことはいいんです。ところでボク、最近"いい記憶"しかないんです!」
「おおっ、久しぶりにもかかわらず、同じようなペースできたな。で、それはどんな記憶なんだね?」
「はい! 最近、むっちゃかわいい女性と毎晩、おいしい料理とおいしいワインをいただく、夢を見るんです!!」
「夢!?」
「はい! 起きたときには"いい記憶"しか残っていない・・・・。夢も上書きされるんですね」
「だっからよ~!」







参考:
『サラリーマンの悩みのほとんどには すでに学問的な「答え」が出ている』西内 啓著
『人は感動するたびに健康になる』南 和友著


2013/05/06   同じ地球上を構成する物質だから

人の身体は地球上にある物質でできている。
人のみならず、生き物すべて、生き物でない石ころにいたるまで、地球上にある物質でできている。
たぶん、地球外生物というのは、地球上にある物質以外のものでできているのではないかと思う。

人の身体は、約60兆の細胞でできているという。
最近では、100兆個という説もあるらしい。
この身体の細胞、2年ですべて入れ替わる(6年という説もある)。

入れ替わっても、地球上にある物質でできていることに変わりはない。
すべて入れ替わるけど、同じ形を留めているように見える。
実際は、少しずつ変化しているのだろうけど、ぱっと見はわからない。

すべての細胞が入れ替わるということは、元自分の身体だった細胞を構成する物質は、
地球上のどこかの何かになっているか、そのあたりを漂っているのではないかと思う。




目の前から、カタチあるものが消えた。
でもそれは、カタチを失っただけで、それを構成していた物質は失われたわけではない。
地球上に今も存在し、別のカタチになっているか、そのあたりを漂っている。



『千の風になって』の歌詞がすんなりと腑に落ちた